1. トップページ
  2. リップグロスが「皮むけ肌」の救世主!?艶を加えてキレイに見せる

リップグロスが「皮むけ肌」の救世主!?艶を加えてキレイに見せる

鼻の頭が少し皮むけしている程度ならともかく、乾燥もひどくなると額だけでなく、頬のあたりも皮むけしてきますね。

こうなるとファンデーションを塗るのもひと苦労です。またメイクを重ねることで余計に乾燥がひどくなり、皮むけが一向に治らないという悪循環にも陥りがちです。

【唇にポイント・メイクで皮むけ肌はスッピンでOK!】

  • リップバームなどで唇の下地、保湿をする
  • 口紅は潤い感の強いものを選ぶ
  • さらにグロスで「強い艶」を与える

この3つのステップで、口もとがしっかりと「ぷるるんと艶やかに」見えます。本当は薄くてもファンデーションを塗り、アイシャドウで目もとにもポイントをおいて、チークで顔色を良くすることがベストなんです。

でも、本当にひどい皮むけ肌の場合には、そうもいきません。そこで「唇」だけのメイクで何とか他の部分をカバーしましょう。

まずはリップクリーム、リップバームで唇の保湿をします。唇の下地という感じですね。最近はオーガニック系のリップバームや、リップクリームだけで適度な色がつくものもあります。

それから口紅を選ぶ時にはなるべく潤い成分が配合されたものを選びます。特に冬場は保湿の美容成分が配合された口紅が多く出ます。夏でも皮むけする人はけっこういるので、冬の間に口紅を購入しておいたほうがいいかもしれませんね。

そして、仕上げにリップグロスをつけます。グロスは唇が「てかっ」とするぐらい塗ってしまっても大丈夫。こうする事で口もとに艶やかな潤いが感じられます。

見た時の印象でまず口許に視線がいき、そこでプルンとした艶やかな色みがあると、他の印象がぼやけます。要するに絵画と一緒です。真ん中に鮮やかな色のポイントがあれば、その背景の絵柄は最初はあまり目に入らないでしょう?

同じ効果を口もとで作ることができます。皮むけはスキンケア等で治すとしても、その間にまるきりスッピンで過ごすというわけにもいきません。リップグロスを上手に使って、「唇に艶と潤い」を作るのがコツです。